ちむどんどんの原作の結末ネタバレ!元ネタやあらすじも紹介

ちむどんどん ネタバレ

ちむどんどんには原作があるのでしょうか?ちむどんどんの結末や最終回はどうなるのかネタバレ情報や考察をまとめてみました。

さらにちむどんどんの脚本家について調べながら元ネタやモデルになった人はいるのか紹介していきます。

ちむどんどんの原作や元ネタはある?脚本家は誰?

ちむどんどんは原作はなく、オリジナルストーリーです。

脚本は、連続テレビ小説『マッサン』やドラマ『昭和元禄落語心中』などを手掛けている羽原大介さんが担当するオリジナル脚本の朝ドラです!

つまり、特定のモデルや原作などはないということですね。

それでは朝ドラ「ちむどんどん」について紹介していきます!

ちむどんどんの最終回結末のネタバレの考察

ヒロインの暢子は、沖縄本島北部「やんばる地域」で育ち、やがて上京。レストランで修行し、やがて東京で沖縄料理店を開きたいという夢を抱きます。

はたして最終回で、暢子の沖縄料理店は成功するのでしょうか?

オリジナルストーリーなので結末は不明です。なので以下はあくまで予想です。

【ちむどんどん】では序盤から「食」がテーマ。西洋料理のシェフを目指して沖縄料理店を開きたいと軌道修正しますが、そこからまったく違う方向に変化することはないでしょう。

東京で飲食店で成功するのは難しいかもしれません。観光客向けに地元・沖縄で沖縄料理をだすなど軌道修正はあるかも? どちらにしても「食」からブレることはなさそうです。

暢子が料理店を開き、成功する展開、ハッピーエンドを予想します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です