林大地のプレースタイルやポジションは?ビーストの由来はフィジカルの強さ?

林大地選手はサガン鳥栖で新エースと呼ばれている闘志あふれるプレースタイルででビーストと呼ばれています。

今回の東京オリンピックU-24日本代表で追加招集されスタメン起用されるなど大注目の林大地選手のプレースタイルやポジションのほかにフィジカルの強さと利き足など林大地のプレースタイルについて紹介していきます。

林大地のプレースタイル
利き足やフィジカルの強さは?
林大地のポジションは?
林大地のあだ名ビーストの由来は?

など紹介していきます。

林大地のプレースタイルや利き足やフィジカルの強さは?

林大地選手のプレースタイルはビーストと言われるほど闘志溢れるプレーでゴールに対する積極的なプレーでU-24オリンピック代表選手の中でも中心選手になっていくのではないでしょうか?

林大地のプレースタイル

ビーストと呼ばれる熱いプレー

林大地のプレースタイルとして一番にゴールに対する積極的な姿勢ですよね。サガン鳥栖のチームも熱い選手が多いクラブチームなのも影響しているかもしれません。

気持ちの熱いストライカーであることからあだ名がビーストと付くくらいボールを受けてから貪欲にゴールを狙う姿勢が林大地選手のプレースタイルの特徴とも言えます。

自分でゴールを決めることへのこだわりが動き出しも下がってボールを受け取らない前へと意識する気持ちゴールが決まると大声をあげて喜びを表現するのはまさにビーストですよね!

熱いプレーとイケメンで東京オリンピック男子サッカーU-24日本代表で女性ファンが急上昇中の林大地選手に彼女はいるのか調べてみました。

イケメンの林大地に彼女はいる?

サガン鳥栖の点取り屋

林大地選手は大阪体育大学時代に関西のサッカリーグで得点王に選ばれるほど学生時代から熱血ストライカー。

Jリーグでも1年目からサガン鳥栖の点取り屋と呼ばれるほど7試合で5得点を決めるスピードのあるシュートを決めきれるところに林大地選手の強みであるプレースタイルがありますよね。

試合数とシュート数も見てみると、16試合中林大地選手が撃ったシュート15本で得点を挙げたのは5本なので少ないシュートをしっかりと決めてシュートを決められる林大地選手の技術の高さが伺えます。

サガン鳥栖の点取り屋と呼ばれるほどの決定力の高さはエースストライカーにふさわしいですよね。

チャンスをしっかり決めきれるところにU-24日本代表の追加招集で呼ばれたのかもしれませんね。

実際にオリンピック予選ではスタメン出場を果たしていますからトーナメント戦でもスタメン出場とゴールを決めてほしいです。

林大地選手のシュートはスピードとゴールキーパーを打ち抜くパワーのあるゴールなので海外移籍も期待できます。

林大地選手のプレースタイルといえばフィジカルの強さも評価が高く、フィジカルの強さについても紹介していきます。

林大地はフィジカルの強さは?

フィジカルの強さを生かしたボールキープ

そして、裏に抜けた後は恵まれたフィジカルを生かしたボールキープで攻撃の起点となる。林が相手にあたられてバランスを崩すシーンはめったに見られない。技巧派タイプが多い鳥栖のフォワード陣において、林のパワーは貴重だ。

力関係上相手に押し込まれるシーンも多くならざるを得ないサガン鳥栖において、林大地のボールキープは非常に効いている。彼がボールキープしている間に陣形を押し上げ、陣地回復することができるからだ。さらに、そこからカウンターにつなげることもできる。

象徴的なのが柏レイソル戦でのPK獲得につながったシーンだ。相手を抑えながらそのままぐいぐいとペナルティエリア内に押し込んでいき、そのままPKを獲得した。一連のプレーは、インテルでプレーするロメル・ルカクを思い起こさせた。

攻撃の起点としても不可欠な存在となりつつある林が、今後こうのように相手ごと前進していけるような選手になれば、日本人選手としては希少なフィジカルモンスター系のフォワードに成長しうるだろう。そうなれば、日本代表でも確固たる地位を気づくことができるのではないだろうか。

林大地の利き足は?

林大地選手の利き足は右足です。

林大地選手は東京オリンピックサッカーU-24代表ではシュートやアシストはありますが、まだゴールは決めていないのでぜひ
オリンピックのサッカーの試合でも林大地の持ち味である力強いシュートを利き足の右足で決めてほしいですね。

林大地のポジションと背番号は?サガン鳥栖とU-24日本代表で違いはある?

 

林大地選手のポジションはサガン鳥栖とU-24日本代表ともにフォワード(FW)です。

林大地選手は2019年からセンターフォワードとしてサガン鳥栖で特別指定選手に選出されてJリーグ公式戦でも見事ゴールを決めましたね。

そこからサガン鳥栖に入団し2021年には東京オリンピックのU-24日本代表で追加招集されてオリンピックの公式戦でも
スタメンに選ばれて得点につながるアシストを決めるなどこれから日本代表のフォワード(FW)になくてはならない存在になりそうです。

林大地のサガン鳥栖とU-24日本代表の背番号は?

やはり、サッカー観戦で事前に確認したのは選手の背番号ですよね。

林大地選手のサガン鳥栖とU-24日本代表の背番号を確認しておきましょう。

林大地選手のサガン鳥栖の背番号は8番

林大地選手のU-24日本代表の背番号は19番

林大地のあだ名ビーストの由来は?

林大地選手のあだ名がビーストと呼ばれる由来は知っていますか?

サガン鳥栖のサポーターでも林大地選手がビーストとあだ名になった由来は知らない人多いみたいなので調べてみました。

ビーストと紹介されているサッカー専門サイトがありましたので記事を紹介していきます。

どんなに厳しいボールやシュートするのに難しい体制であっても、ゴールを目指してシュートを打てる
のが林大地選手のプレーの強みです。

どんな厳しい条件でも前へとゴールを目指す姿勢であるプレースタイルから『ビースト』と言われる由来となりました。

前へとゴールを目指す熱いストライカーの林大地選手の魅力が詰まったビーストというあだ名でしたね。

林大地選手は前へめざしてゴールを狙いにいくだけではなく、献身的な守備もできる選手なので

U-24日本代表でスタメンに選出されるなど今回の東京オリンピックでも活躍中の

の林大地選手が近い将来日本代表に選ばれているかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です