ケイヤク(ケイ×ヤク)あぶない相棒ドラマがつまらないや面白くないと4つの理由とは?

ケイヤク(ケイ×ヤク)あぶない相棒ドラマがつまらないや面白くない

ケイヤク(ケイ×ヤク)あぶない相棒がドラマ化されると話題になっていますね!

ドラマが放送されるとケイヤク(ケイ×ヤク)あぶない相棒のドラマがつまらないや面白くないという声がSNSで上がっているのが気になって調べてみました!

ケイヤク(ケイ×ヤク)あぶない相棒といえば、BL漫画が原作で警察とヤクザがコンビということもあってサスペンス要素とアクションもあるので漫画での表現が深夜ドラマになると表現しきれるのかが少し心配でした!

ケイヤク(ケイ×ヤク)あぶない相棒がつまらないと言われている理由や漫画とドラマの感想もまとめています

気になる方はぜひチェックしてみてくださいね♪

ケイヤク(ケイ×ヤク)あぶない相棒ドラマがつまらないや面白くないと4つの理由とは?

ケイヤク(ケイ×ヤク)あぶない相棒がつまらないや面白くないという意見をご紹介していきます!

大人気漫画のドラマ化ということで期待が大きかった分、原作のキャラクターのイメージがキャストの俳優さんと違って納得いかないという声やBL作品要素が少なくなっているという不満など様々でした。主に多かった意見を4つ紹介していきます!

ケイヤク(ケイ×ヤク)あぶない相棒のキャストに不満

ケイヤク(ケイ×ヤク)あぶない相棒の実写版の評価はどうでしょうか?
残念ながらケイヤク(ケイ×ヤク)あぶない相棒はおもしろくないとか、つまらないとかマイナスな評価が多いです。
具体的にどんなところがおもしろくないとかつまらないという声があるのでしょうか。まず、キャストに不満を抱えている方がとても多いです。
BL作品の漫画なのでどうしても読者はいろいろなイメージを持っていたり自分なりに理想のようなものがあると思います。
主演は一狼役に鈴木伸之さん、英獅郎役の、犬飼貴丈さんに対してイメージと違うという声が残念ながら多くあります。
また、鈴木伸之さんは劇団EXILEのメンバーで、元EXILEパフォーマーのメンバーの松本利夫さんも配役されていうことも不満に感じている方も多いようです。
EXILEは、独自の世界観がありどうしてもいつもEXILEのことを想像してしまいます。
ケイヤク(ケイ×ヤク)あぶない相棒のドラマやストーリを純粋に楽しみたい方からすると、ストーリやあらすじよりキャストに対する違和感があって、集中できないのかもしれませんね。

 

ケイヤク(ケイ×ヤク)あぶない相棒原作と比較

ケイヤク(ケイ×ヤク)あぶない相棒ドラマはいったい、原作とどれくらい違っているのでしょうか。

まだ、ケイヤク(ケイ×ヤク)の漫画は最終回を迎えていますがドラマの最終回がどのようなところで着地するのかは全く情報がありませんでした。

原作が漫画のものを実写化するということはどうしてもケイヤク(ケイ×ヤク)あぶない相棒の原作にイメージがあるので、原作のファンの方は大好きな原作のイメージが変わってしまうこともあり批判的なイメージになってしまう声が多くなるのも仕方ないのかなという気持ちになりますね。

ケイヤク(ケイ×ヤク)あぶない相棒原作がBL作品なので家族がいるところでは気まずい

ケイヤク(ケイ×ヤク)あぶない相棒ですが、原作にはBL要素がたくさんあります。

ドラマではどこまでBL要素があるのかはまだ未定ですが、家族団らんの時間に見るにはやはりBLは気まずいと感じる方が多いかなと素直に感じます。

家族団らんでなかなか見ることが出来ないので、ケイヤク(ケイ×ヤク)あぶない相棒がテレビで見ることが出来ないかもしれないという意見もかなり多くありました。

ケイヤク(ケイ×ヤク)あぶない相棒BLが要素が少ない

しかし、そんな意見とは全く逆に、ケイヤク(ケイ×ヤク)あぶない相棒のドラマ版ではBL要素が少なくて不満と感じる方も多いというのです。

この意見には本当に驚きました。

ケイヤク(ケイ×ヤク)あぶない相棒の原作は、主人公の2人は共通の目的のための秘密捜査を行うためにカムフラージュとして「恋人契約」を結びます。

また、もう一方のストーリーは、2人の共通の知人である女性を探すというテーマがあります。

ケイヤク(ケイ×ヤク)あぶない相棒のストーリーの軸として警察サイドから探す、やくざサイドから探すということでアクションシーンもかなり多くなっています。

原作ファンはこのアクション要素が強いことに不満を感じている方が多いようです。

やはり、ケイヤク(ケイ×ヤク)あぶない相棒の原作はもちろんアクション要素や謎を解くミステリー要素に魅力を感じつつ、BL要素を楽しみたいという方も多いのです。

特に、一狼と獅郎は誰がみてもイケメンですし、タイプの違うかっこよさがあります。

そんな2人のBLとなると見えないのは残念に感じても仕方ありませんよね。

なので、漫画から見はじめたり漫画ファンの方はアクションシーンばかりだと原作の良さがないと思いがっかりしてしまうのではないかなと思ってしまいます。

ケイヤク(ケイ×ヤク)あぶない相棒の漫画の感想は?

2021年1月からスタートするケイヤク(ケイ×ヤク)あぶない相棒は、漫画が原作ということをご存じでしたか?

この漫画は、警察(公安)の一狼とやくざの若頭・獅郎が同じ目的を持って手を組みなぞに向かっていくお話です。
漫画の評価はかなり高いものとなっています。

まず、絵がとてもきれいです!一狼と獅郎が本当にかっこいいのです!

BL要素もあるので、ずっと見てられると思うほどキレイなビジュアルです。

そして、ビジュアルだけではありません。
内容も本当に面白いのです。

同じ目的というのは、2人が探している女性(一狼にとっては公安の先輩で、獅郎にとっては同じ施設で育った姉のような存在)をめぐって謎を解き明かしていくというストーリーです。

シリアスな話のメインテーマがありつつ、BL要素や、若干コミカルな要素もあるので読んでいてハラハラドキドキしたり、キュンとしたり、笑わせてもらったり本当に面白い漫画です。

事件の真相も気になるので、次々に読みたくなりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です