金田一少年の事件簿の歴代佐木まとめ!5代目は岩﨑大昇に決定!

金田一少年の事件簿と言えば、大人気漫画ですね。

原作の漫画のファンの方はもちろんたくさんいると思いますが、ドラマを知ってそこからファンになった方も多いのではないでしょうか。

若い世代では、原作よりドラマの方が馴染みがある方も多いですよね。

今回は、歴代の佐木についてあらゆる角度からとことん、調べてみたいと思います。

金田一少年の事件簿の佐木役の歴代はだれ?

金田一少年の事件簿のドラマは、5代目まであります。
歴代の佐木についておさらいしてみましょう。初代は原知宏さん、二代目は長谷川純さん、三代目は有岡大貴さん、5代目は岩崎大昇さんです。

初代佐木は原知宏

金田一少年の初代を務めたのは原知宏さんです。当時ジャニーズJr.の一員としてキンキキッズなどのバックダンサーとして活動していました!
その後も、大野智さんなどどミュージックアカデミーとして活動していましたが、小原裕貴さんが退所するタイミングで一緒に円満退所しています。
現在は、ご結婚されて舞台制作会社にお勤めされているそうです。

2代目佐木は長谷川純

2代目を務めたのは、長谷川純さんです。長谷川純さんも当時はジャニーズJr.として活躍されていました。
長谷川純さんと言えば、代表作に「渡る世間は鬼ばかり」がありますね。
子供だった頃から、大人になるまでの姿をドラマの中で立派に演じています。
現在も、舞台やドラマに活躍されているそうですよ。

4代目佐木は有岡大貴

4代目を務めたのは、HEYSayJumpの有岡大貴さんです。
有岡さんもジャニーズ所属の方ですね。有岡さんは、ジャニーズに入る前から子役として活動しており演技はかなり光るものを持っていました。
「コードブルー~ドクターヘ救命救助~」でも難しい性格の研修医を見事に演じておりました。

5代目佐木は岩﨑大昇

5代目は、岩崎大昇さんです。岩崎大昇さんは、2015年にジャニーズ事務所に入所しております。
両親と3つ上のお姉さんがいるようですね。お母さまが、履歴書を送ってオーディションを受けることになったようです。そして、なんとそのことを知ったのはオーディション当日というからユニークなお母さまですね。
岩崎大昇さんは、ジャニーさんも認める歌唱力の持ち主でもあります。美空ひばりさんの
「愛燦燦」をテレビで披露したこともあるたいへん実力派としても知られております。

原作に一番近い佐木のキャストは誰だった?

過去の佐木役で、一番に原作に近いのは誰でしょうか?初代を演じた原知宏さんの佐木は、ビデオを回して、クールな性格でメガネはかけていませんでした。
2代目の長谷川純さんは、内向的な性格でメガネはかけていなかったようです。
4代目の有岡大貴さんは、控えめで無い罰的な性格でメガネをかけています。
あくまで、個人的な感想になってしまいますが、変わり者ですこしクールな印象が佐木にはあるので、このことから考えると初代の原知宏さんが一番原作に近いのかなと思っております。
原作の、佐木は内向的な感じではないので長谷川純さんと、有岡大貴さんの演じた先が内向的だったり、内罰的なかんじなのでちょっと違うのかなという風に感じております。
今回、岩崎大昇さんがどのような佐木を演じるのかとても楽しみですね。
SNSなどでは、岩崎大昇さんの演じる佐木も原作にとても近いのではないかと噂があります。メガネをかけて、うつっている写真もあるのでビジュアルは原作の佐木によせているのだろうなと予想することが出来ますね。

佐木竜二ってどんなキャラ?

では、原作の佐木はどのようなキャラクターなのでしょうか?簡単に説明してみましょう。「佐木」と呼ばれていますが、本名は「佐木竜太」と言います。
佐木は、不動高校のミステリー研究会のメンバーで、ビデオカメラを常に携帯して物陰からこっそり撮影したりしています。
血液型はAB型で、星座はふたご座です。少々変わり者でメガネをかけているキャラクターで、常に撮影をしているので事件の解決の手掛かりにも貢献しております。
原作では、色白で面長な雰囲気で本当に文系男子というイメージがあります。
でも、決して内向的で根暗なイメージではなくて少し変わり者といった印象が個人的にあります。
常にビデオを回しているので、事件の解決の手掛かりにいつも大きく貢献してくれており
かなり主要なメンバーなのかなという印象もとても強くあります。
改めて、佐木をいうキャラクターをみてみると身近にいそうでいないような人物設定ですね。
独特のキャラクターなので、原作やドラマにもひっそり佐木ファンが多いのではないかなと思っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です