恋なんて本気でやってどうするの(恋マジ)は韓国リメイクか漫画が原作?

恋なんて本気でやってどうするの(恋マジ) 韓国

2022年の4月にスタートする新ドラマ「恋なんて本気でやってどうするの」はチェック済ですか?
このドラマは韓国リメイクの漫画です。

韓国ドラマは、純愛ものがおおくて毎シーズン一定数のファンがつくことで有名ですよね。原作についてや、おおまかなあらすじについてお話してみましょう!個人的にもとても楽しみにしているドラマです。

恋なんて本気でやってどうするのは韓国リメイクか漫画が原作?

2022年の4月からはじまる「恋なんて本気でやってどうするの?」に原作はあるのでしょうか。
韓国リメイクなのでしょうか?それとも漫画が原作なのでしょうか?
漫画が原作という情報もありましたが、こちらはどうやら原作はないようです。
脚本家による完全なオリジナルのお話とのことです。
もちろん、原作がないのでストーリーも完結していないようですね。
最近のドラマは、原作漫画だったり、過去のドラマや映画のリメイクが多い中、完全なオリジナル作品とはとても珍しいなと思います。
完全オリジナルのドラマが全盛期だったころは、本当に面白いドラマが多かった記憶がありますね。
なので、個人的にこの「恋なんて本気でやってどうするの?」について個人的にとても期待していて楽しみにしているドラマです。
原作が漫画や、今まであったドラマのリメイクは安心感や安定感がありますが、なんとなくあらすじをしっているのでドキドキ感やハラハラ感がないということもありますよね。

恋なんて本気でやってどうするの脚本家は?

今回の「恋なんて本気でやってどうするの?」の脚本家は 一体誰なのでしょうか?
脚本家の浅野妙子さんです。
浅野妙子さんと言えば、とても有名な脚本家ですよね。過去の代表作品は「ラブジェネレーション」「神様、もう少しだけ」「大奥」「ラストフレンズ」「ちょっと待って神様」「純情きらり」「八日目の蝉」などがあります。
映画では「NANA」「大奥」など、誰もが知っているような有名な作品ばかりですね。
そんな方が脚本を担当しているとなれば、期待しない理由はないですね。
もちろんどの作品もとても有名で面白いドラマだったのですが、その中でも、「神様、もうすこしだけ」は第18回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 脚本家賞を受賞しています。当時、みんなが「神様、もう少しだけ」に夢中になった記憶が今でも鮮明にあります。デビューしたばかりの深田恭子さんの初々しい可愛い様子もとてもかわいらしくて、あのドラマがきっかけでファンになったという方もとても多いと思います。

恋なんて本気でやってどうするのあらすじ

では、「恋なんて本気でやってどうするの?」はどんなあらすじなのでしょうか?
主人公の桜沢純(広瀬アリス)は洋食器メーカーでチーフを務めるデザイナーです。親友や女子会や趣味なども充実している、いわゆる27歳のキャリア女子です。
そんな彼女の信条は「恋なんて、人生のムダ!」です。恋愛経験、男性経験ともにゼロのこじらせ女子でもあります。
恋なんて不確かなもので、心も時間もむだにしたくないと主張するには桜沢純には彼女なりの理由がありました。
そんな純が出会ったのは、フレンチビストロ「サリュー」のギャルソン兼見習い料理人の長峰柊磨です。イケメンで、女性の心をつかむ言葉、表情、言葉使いは天才的な男性です
恋愛に対する姿勢は刹那的で、店のお客さんとも適度に関係をもつ大変な危険な男性です。全くタイプの違う2人ですが、「本気の恋なんて必要ない」と思っているところが共通点です。
この2人のアンバランスな恋はいったいどんな形で進んでいくのでしょうか?

まとめ

原作がなく、完全脚本家によるオリジナルストーリのドラマです。
その脚本を担当するのが浅野妙子さんです。そうなるともう期待感しかないですよね。
漫画やリメイクのドラマが多い中、完全オリジナルドラマは大変、珍しいのでとても楽しみですね。
今回は、そんな期待のドラマ「恋なんて本気でやってどうするのについて調べてみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です