M-1の2021はやらせで出来レースの理由は?八百長との声も!

M-1 やらせ

2021年のM-1が年末に楽しみにしているテレビのイベントでお笑い好きの方も多いのではないでしょうか?

毎年お笑いのスターが生まれるM-1は優勝結果にやらせ疑惑がつきまといますよね。

M-1は大御所のお笑い芸人が審査員を務めるため毎回、結果に納得がいかない人は出来レースや八百長という声や優勝コンビはやらせという声が出てきてしまいます。

それは視聴者が望むM-1優勝コンビではないコンビが優勝してしまっただけなのかそれともやらせや出来レースと言われる噂が正しいのか気になるところです。

2021のM-1もやらせがあったのか出来レースと言われるように事前に優勝コンビが決まっていたのか調べてみようと思います!

やはりM-1がやらせと言われてしまうのには審査員がおかしいとの声が毎年上がりますよね。

ネットではM-1の審査員は誰がいい?理想の審査員は?など盛り上がっていました。

M-1の2021年で審査員がおかしい?

ほかにもM-1の出る順番を決めるえみくじ(笑神籤)にもやらせ疑惑が毎年でていますよね。

出順によって点数が変わってくるので優勝候補コンビと予想されているコンビが最後だったりするとえみくじ(笑神籤)のやらせ疑惑が再燃していました。

M-1のえみくじ(笑神籤)はやらせはある?

M-1がやらせと言われる理由は?2021年は出来レースだったのか?

 

今年のm-1グランプリ 2021のファイナリストがいよいよ決定、果たして、今年はいったい誰が優勝するのでしょうか?

今年の優勝者はいったい誰になるのでしょうか?

まず、今年決勝に進出したコンビは インディアンズに、真空ジェシカ、モグライダー、ゆにばーす、ロングコートダディ、オズワルト、錦鯉、ももランジャタイ。といった顔ぶれです。

なんだか、個人的は感想ですが年々知らないコンビがファイナリストに進んでいる印象を受けます。

もし、やらせや、八百長、出来レースに事実が本当なのであれば優勝者以外に少しでもTVでの露出が増えるよう売れてないコンビを集めているのでしょうか・・

なんて思ったりもしますが、毎年全く知らないコンビの漫才をみて爆笑していることも多々あるので、きっと実力で這い上がってきたコンビなのでしょう。

今年も知らないコンビがたくさん出場しているので、予想が出来ないレースになりそうですが、お笑いにとても厳しく、プロ意識の高いダウンタウンの松本人志さんがm-1グランプリに携わっていることや、お笑い界の重鎮たちが審査員として何名も参加していることを考えてもやらせや出来レース、八百長といったことはあくまでも噂なのではないかなと個人的に予想します。

そして、純粋に笑いを突き詰めるレースであってほしいと心から思っています。

2021年のM-1グランプリは出来レースややらせ?世間の声や評価は?

2021年のM-1グランプリの結果やネットの声が分かり次第、まとめていきます!

霜降り明星のM-1グランプリ優勝にやらせ疑惑とは?

 

霜降り明星のm-1グランプリ優勝の際にも、やらせ疑惑があったことはご存じですか?

平成最後のm-1グランプリと銘打ち、過去最大に大盛り上がりた伝説の大会でした!

そんな激戦でみごと優勝を勝ち取ったのが、結成5年目の若手コンビの霜降り明星だったのです。

しもふり明星が優勝を決めた時に、SNS中心に「全然面白くなかった」「やらせでは?」 「m1は出来レース」なんて声が多数上がりました。

というもの、おしくも準優勝だった和牛がかなり面白かったということもあり、出来レース疑惑がでてしまったのです。

去年、一昨年の2年連続で和牛が準優勝だったこともあって和牛をそろそろ優勝させてあがたいというファンの気持ちも強かったのかもしれませんが、それを差し引いてもその年の和牛がとても面白かったです。

実際に、霜降り明星と1票差という結果だったので本当にギリギリの勝負だったのかもしれませんね。

それに、お笑いだけに限りませんがこのような競争には個人の主観や好みが多く反映されるので審査員の好みにも大きく影響されるような気がします。

笑い飯のm-1グランプリ優勝がやらせや出来レースと言われる理由は?

 

笑い飯が優勝した会は個人的にとても印象に残っています。

9年連続ファイナリストの笑い飯が、最後の大会で悲願の優勝を勝ち取った感動的な会です。この会のm1では、スリムクラブが笑い飯の優勝を脅かすほどの勢いがあったように記憶しています。

ですが、笑い飯がラストイヤーの年にルールが改正されるなど、他のコンビのお笑いファンから厳しい意見があったのも事実です。

個人的には、最後の最後で優勝を勝ち取った悲願の優勝のイメージだったのですが、最後の最後で優勝を取らせる出来レースとの見方も世間にはあったようです。

いろいろ考え方の方がいるので、こればかりは仕方ないですね。そして、やはりお笑いには好みがあるので笑い飯のお笑いが心に響かない方にとっては、ラストイヤーに優勝ということがおさまりが良すぎて逆に出来レースの様に感じてしまうのでしょうか。

個人的には、笑い飯のラストイヤー優勝は、今でも感動をおぼえているくらい面白かったです。

まとめ

2021年のM-1グランプリの結果が出来レースやヤラセという声があったので調べてみましたがどうだったでしょうか?

大御所の審査員が優勝を決めるのでどうしても結果に納得のいかない視聴者やファンがいるのは確かですよね!

M-1が今年がラストイヤーのコンビやゆにばーすのようにM-1優勝を目標にしているコンビが勝ち上がっていくと微妙な差でも出来レースややらせと言われてしまうことがありそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です