ナンバMG5とナンバデッドエンドの違いは?ナンバMG5の意味や読み方は?

ナンバmg5 ナンバデットエンド 違い

ナンバmg5とナンバデットエンドの違いはどこにあるのか気になりませんか?

4月から始まる「ナンバMG5」のドラマは原作の漫画であるナンバmg5とナンバデットエンドの二つの作品のストーリーを合わせた脚本になっているそうなので内容の違いを調べてみました。

さらにこの「ナンバMG5」のタイトルの意味や読み方も紹介します!

今回のドラマでナンバMG5を知った方にもタイトル意味や読み方やナンバmg5とナンバデットエンドの違いを解説していきますよ。

ナンバMG5とナンバデッドエンドの違いと連載期間は?

今回は、「ナンバMG5」と同じような「ナンバデットエンド」の違いについて調べてみましょう。

ナンバMG5は、ナンバマジギレ5秒前と読みますが「ナンバ」が一緒なので続編と想像できますよね。

ナンバMG5とその続編の「ナンバデットエンド」の漫画の連載期間を確認してみましょう

ナンバMG5が2005年から2008年まで連載されています。(全18巻で全165話)

ナンバデットエンドが2008年から2011年まで連載されています。(全15巻で全135話)

ナンバMG5とナンバデッドエンドの違い

ナンバMG5はヤンキーが真面目に高校生活を送るちょっと変わったヤンキー漫画という立ち位置で、ヤンキーと普通の高校生の二重生活がバレてしまうヒヤヒヤ間を楽しむストーリーでした。

ナンバデッドエンドはヤンキーと普通の高校生の二重生活が難波一家や学校と周りの仲間にバレてしまいます。それだけではなく高校3年になった剛は卒業や進路についても悩んでいく姿は不良ヤンキー漫画では描かれない青春学園もののような要素が強いです。

原作を書かれた作者の小沢としお先生のナンバデットエンドを書いた理由を語っていたので紹介します!

「主人公の剛が二重生活が周りにばれてしまったことで、前作のナンバmg5以上に悩みもがき苦しむ姿を面白可笑しく描きたかったから」と語ってくれています。

単純にヤンキー漫画ではなくて、人間の内面の悩みのようなものまで描いてくれることで楽しみ方の切り口がたくさんあっていろいろな角度から楽しめるのでファンとしてはかなり嬉しい設定ですよね。

ナンバmg5意味や読み方は?

ナンバmg5は原作が漫画で2022年に実写化されてドラマになるということで、漫画のファンの方々にとってはとても楽しみな話ですよね。

そんな楽しみなドラマをはじめから楽しく見える方法を今回はお伝えしたいと思います!

まずは、ナンバMG5の意味や、読み方についてお話してみましょう。小沢としをさんが作者の漫画ですが、本当に面白いネーミングです。

MG5は、なんとマジギレ5秒前という意味とのことです。少し前にDAI語が流行っていたことは記憶にありますか?ギャル語や、広末涼子さんのmajiでkoiする5秒前からインスピレーションを得たのではないかなと個人的に思っております。

どこか懐かしい感じがするけど、新しく面白いですし、一度聞いたら忘れないインパクトのあるネーミングですよね。

ナンバデッドエンドにタイトルを変えた理由は?

ナンバデットエンドにタイトルが変わった理由をもう少し深堀してみたいと思います。

連載当初はヤンキーと普通の高校生の2重生活という面白い設定の単純にヤンキーが主人公のコメディ漫画だったのですが、だんだん回数を重ねるにつれて作者が、剛の二重生活の悩みをちゃんと描きたいという思いが強くなったらしいです。

小沢としお先生もきっと、剛に対してに思い入れが強くなってきたのかなと個人的に思っています。

作者からすると、ナンバmg5という作品は自分の子供のような存在になるような気がしますよね。

ナンバmg5の主人公である難波剛の二重生活を維持するために色々と苦悩や奮闘をしてその姿はヤンキー漫画のギャグ要素として書かれていてとても面白いですよ。

続編のナンバデッドエンドになると、二重生活に様子が周りのメンバーにどんどんばれていきさらに悩みが深くなり、書き分けが必要というのも納得のシリアス展開に入っていきます。

原作の小沢としお先生が続編にしてナンバmg5からナンバデッドエンドに変更したのも納得です。

やはりナンバMG5とナンバデットエンドの線引きがしっかりしたかったと話しているように漫画の内容は同じようですが、テイストがやや変わっているのに気が付くます。

このことを知って、漫画を読むともっと楽しく漫画やドラマと楽しめますよ!

ナンバMG5のロケ地や撮影目撃情報もまとめています

まとめ

今回は、原作が漫画の「ナンバMG5」について調べてみました。
原作が漫画だと、いろいろな期待や思いがありますね。SNSを中心に楽しみと言っているファンのかたも非常に多いです。
とても面白くて楽しみにしている方も非常に多いので、個人的にとても楽しみにしております。
漫画ファンの方も、ドラマから見始める方もきっと楽しめるドラマであることは間違いないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です