パンドラの果実がつまらない・面白くない4つの理由!ネットの感想で面白い意見もある?

パンドラの果実 つまらない 面白くない

パンドラの果実が面白くないやつまらないと言われる理由を4つにまとめてみました。

ネットの感想では面白いという意見もあるようですが、つまらないや面白くないと言われるのは難しい科学捜査や事件なのか。

パンドラの果実は小説が原作ですが、原作ファンはつまらないと感じてしまう設定の変更などがあるのか調べてみました!

パンドラの果実がつまらない・面白くない4つの理由!

パンドラの果実がつまらないや面白くないと言われている理由を4つにまとめてみました。

原作に比べて内容が薄い

パンドラの果実に対する評価は大きく面白いと感じる方と、つまらないと感じる方に分かれているようです。

その面白くないと感じる理由に「内容が薄い」という意見があります。 その内容の薄さの理由にやはり原作の小説とのイメージとの違いがあるのではないかなと思います。

というのも、小説では科学を用いた捜査方法を前面に出すのではないのです。

最新科学で事件を解決していく展開を期待している方には大変つまらない、物足りなさを感じるのではないでしょうか。

ただ、原作の小説も、三巻くらいから面白くなるという意見もあるのでこれからもっと面白くなる可能性があるので期待したいと個人的に思っております。

物語に始まりは、全体の説明が多いのであらすじに注目できないということもあるかもしれないですよね。徐々に面白くなることを期待しましょう。

原作から主人公が変更された

次に、パンドラの果実が面白くないと言われている理由には「主人公の変更」の問題があります。

小説の主人公は最上友紀子という「天才だけど変わり者」といった情勢の研究者が主人公でした。

しかしドラマ版では脇役だった小比類巻刑事が主人公になってストーリーが進んでいきます。

『SCIS化学犯罪捜査班天才科学者・最上有紀子の挑戦』の原作ファンは主人公が変更になり、最上有紀子が脇役になるのは物足りないと感じつまらないと感想を持ってしまうようです。

ドラマや小説、そして映画の天才だけれどちょっと変わり者の研究者としてだけ描かれてしまうと原作の主人公である最上有紀子の良さが描かれないかもしれません。

このちょっと変わったものへの憧れといった要素は天才を描くうえでとても大切な要素なのかもしれませんね。

小比類巻刑事が主人公となったことで科学捜査をサポートする脇役になったのは原作の天才で変わり者を描いた主人公の作品が多く同じ原作が小説のガリレオも警察と研究者がバディを組んで事件を解決していきますよね。

ガリレオのパクリと言われないようにするためにあえて主人公を変更した可能性もあります。

小比類巻が主人公になったため、話のメインは警察の捜査になったようで、パンドラのロケ地 や撮影場所も原作とはことなってくると思います。

事件にリアリティ無い

3つ目の面白くないと言われている理由に「リアリティがない」といった要素があります。

確かに、リアリティのない話にはなかなか引き込まれませんよね。

パンドラの果実の原作でも男性の不妊治療の専門医が妊娠した状態で殺されたなど、普通の事件ではありえないような事件も原作では出てきますが、どこまで原作の科学捜査がドラマで反映されているか分かりません。

ただ、分かりやすくするとこのパンドラの果実は科学捜査をテーマにしているわりに、大切な部分であるはずの科学の部分があいまいといった印象を受けている方が非常に多いように感じると思います。。

原作ファンで科学に詳しい読者は、物足りなく感じても仕方ないのかなと思いますが、一般レベルの方であれば十分に楽しめるのではないかなと個人的に思っていますが面白くないやつまらないと言った感想が出るのは仕方のないことかもしれませんね。

最近は、SF小説でもかなり読みごたえがある作品が多く、知識も増えてきている方が多いのでそのように感じてしまっても仕方ないのかもしれませんね。

科学メインで見るのではなく、ミステリー要素もあると感じるレベルであれば十分楽しめると思っているのではないでしょうか?

設定に無理がありすぎ

パンドラの果実がつまらないや面白くないと言われる4つ目の理由としては、「設定に無理がありすぎ」ということです。

原作は小説なのでAIやクローンなど科学だけではなくかなりSFの要素が含まれます。

パンドラの果実の主人公の小比類巻の妻である亜美が冷凍保存のクローン人間 という設定もハリウット映画ぐらい壮大なストーリーなので日本のドラマでどれだけ再現されるか微妙ですよね。

そのため、設定に無理がありすぎるために、面白いと感じずにつまらなく感じると思っている方が多いらしいのです。

アリゾナの研究所や謎の組織であるボディハッカー・ジャパンなどもセットが大掛かりでないと折角の科学捜査ドラマが台無しになってしまいますよね。

パンドラの果実の面白い!理由や感想を紹介!

 

パンドラの果実がつまらない・面白くない理由について紹介してきましたが、もちろん面白いという感想や意見もたくさんありますので紹介していきます。

パンドラの果実の主演がディーンフジオカさんということもありSNS中心に面白そうという声が多いです。

今回は原作の「SCIS化学犯罪捜査班天才科学者・最上有紀子の挑戦」の主人公であった最上有紀子が脇役になっことで刑事もののミステリー要素が強くなったことで、原作の科学やSFの要素がテレビの視聴者に伝わりやすくなっていると思います。

秘密を持ったミステリアスは男性小比類巻祐一が主人公となっている面白い展開となっております。

まだ、放送されていないということもあって楽しみにしている方の方が多そうな印象です。

多少の設定の無理や、リアリティのなさもドラマが始まってしまえば気にならなくなるくらい楽しめるような気がしています。

放送スタート前なので、ドラマへの期待値の高さがうかがえますが始めるのが個人的に楽しみなドラマの一つです。

まとめ

 

パンドラの果実がつまらないや面白くないという感想を4つの理由に分けて紹介しました。

原作が科学やSF要素が強い作品なので、原作ファンは物足りなさを感じたり、設定が変わってドラマ化したことがつまらないと言われる要素になったようです。

小比類巻の妻である亜美が冷凍保存されてクローン人間だったというドラマは規模が大きい海外ドラマ並みの設定なので日本のドラマでそれだけ小説の世界が表現できるか楽しみですね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です