聖恋島殺人事件の読み方は?セイレーンの伝説とは?

聖恋島殺人事件 読み方

金田一少年の事件簿Rで連載されていた聖恋島殺人事件が5代目道枝版で実写ドラマ化されます!

原作の漫画を読んでいないと聖恋島殺人事件の読み方が分からない、モデルになった島や事件はあるの?

と聖恋島について知りたい方のために聖恋島の読み方や由来について調べてみました。

また金田一少年の事件簿の聖恋島殺人事件のモデルになった事件や島はあるのかも紹介します。

聖恋島殺人事件の読み方や由来はある?

セイレーン伝説とは?

聖恋島殺人事件の島や事件は?

聖恋島殺人事件の読み方は?

聖恋島殺人事件の読み方や名前の由来はあるのでしょうか?

金田一少年の事件簿R(リターンズ)の原作漫画で、聖恋島でただ一人の住人である霧声昼子が聖恋島に語るシーンがあったので紹介していきます。

先ずは聖恋島の読み方から紹介していきますね!

聖恋島殺人事件の読み方聖恋島はセイレントウと読みます。

聖恋島殺人事件では海の怪人『セイレーン』が出てきます。

このセイレーンが聖恋島の名前の由来になっているのでしょうか?

聖恋島と呼ばれるセイレーンの伝説とは?

 

聖恋島は小さな島で元々は名前の無い島でしたが、第二次世界大戦後にアメリカの占領下になった設定の島で占領したアメリカ軍の軍人たちから『セイレーン・アイランド』と呼ばれるようになったことが由来で、聖恋島という名前になったそうです。

この話は聖恋島殺人事件の冒頭で、ただ一人島に住む聖恋島に住む霧声昼子が金田一や美雪たちに話をしてくれます。

何故、アメリカ軍人がセイレーン・アイランドと名付けたのでしょうか?

聖恋島殺人事件でも重要なポイントとなるセイレーンの鳴き声と言われた、聖恋島で聞こえる人の泣き声のような音が聞こえるため「セイレーン・アイランド」といつしか呼ばれるようになったのです。

そこから聖恋島がアメリカ領から返還されて、呼び名のセイレーン・アイランドが漢字表記の聖恋島になったのが由来です。

セイレーンの伝説

聖恋島のセイレーンの伝説はアメリカの占領下になる前の戦時中にさかのぼります。

第二次世界大戦中に聖恋島は人間魚雷「回天」の出撃する基地として機能してました。

人間魚雷「回天」は人間が乗り込み操作し、敵の戦艦に体当たりする特攻海軍兵器として実際に使われています。

この人間魚雷「回天」は日本の敗戦が決定的になってから捨て身の特攻作戦として人間魚雷「回天」に乗り込んでいった特攻兵の悲しみの声がいつしか島から聞こえるようになりました。

セイレーンの当て字が聖恋というのもロマンティックですが悲しい過去が隠されているのです。

剣持警部が決勝までの残ったフィッシング大会の舞台になっている聖恋島はリゾート開発されて水上コテージがある観光メインの島になっています。

聖恋島に唯一住むのが霧声昼子と聞くと無人島のイメージがありますが、元々は住人がたくさんいた島だったそうですが、アメリカの占領下やリゾート開発などの歴史を経て住人が霧声昼子の一人になってしまったそうです。

聖恋島殺人事件モデルの島や事件はある?

聖恋島のモデルの島やモデルになった事件はあるのか調べてみました。

聖恋島の特徴といえば、第二次世界大戦後はアメリカの占領下になっていたこと、返還後はリゾート開発された島ですよね。

調べてみると聖恋島にモデルになった島はありませんでしたが、沖縄の離島のケーブダイビングが有名な下地島や伊良部はイメージとしては近いかなと個人的には思っています。

聖恋島殺人事件のモデルの事件は?

聖恋島殺人事件がモデルになった事件はありませんでした。

聖恋島殺人事件はセイレーンという怪人に襲われて殺害されたかのように仕向けた殺人事件で、聖恋島犯人や動機 は金田一少年の事件簿で一番多い復讐です。

聖恋島殺人事件のネタバレあらすじ で犯人の背景を知ると被害者である帝王大学病院の若手医師の潮小次郎、女性医師の寒野美火、教授の影尾風彦に同情できないという人も多いですよね。

まとめ

聖恋島殺人事件の読み方や名前の由来について調べてみました。

読み方はセイレントウで名前の由来は戦後にアメリカの統治下におかれた無名の島だった聖恋島には人が泣くような声が聞こえることからアメリカ軍人がセイレーン・アイランドと呼ぶようになったのが由来です。

聖恋島がモデルになった島や事件はありませんでしたが、アメリカの統治下やリゾート再開発の設定があるので、沖縄の離島のイメージで作られた島の設定かもしれません。

殺人事件のモデルはありませんが、犯人が復讐したいと計画を立てて実行した背景はぜひ金田一少年の事件簿で初めて実写化されるドラマ版の聖恋島殺人事件を見てくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です